Surface Go iPadProに対抗できるwindowsタブレット

2in1 5~10万円 Microsoft

Surface Go登場!ついにiPad Proに対抗できるwindowsタブレットが登場

Windows搭載の2in1タブレットPCとしてはダントツの人気を誇るSurfaceシリーズからコンパクトでリーズナブルなSurface Goが登場しました。このSurface Goはシリーズの中で最もコンパクトなモデルで、モバイル用途を強く意識したタブレットPCとなっています。また、なんといってもうれしいのが税込で7万円を切るというリーズナブルなプライス!正直言って、同価格帯のライバルを圧倒する出来になっています。

Surface Goのスペック

仕様
OS Windows 10 (S モード)
CPU Intel Pentium Gold Processor 4415Y
メモリ 4GB
8GB
ストレージ eMMC : 64 GB
SSD : 128 GB
ディスプレイ 10 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 1800 x 1200 (217 PPI)
タッチ機能: 10 ポイント マルチタッチ
Corning Gorilla Glass 3
ワイヤレス Wi-Fi: IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換
Bluetooth 4.1 ワイヤレス テクノロジー
バッテリー駆動時間 最長9時間のビデオ再生が可能
外部端子 USB-C × 1
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート × 1
Surface タイプ カバー ポート
microSDXC カード リーダー
Surface Dial 画面外対話式操作に対応
サイズ 245 mm x 175 mm x 8.30 mm
重量 522 g

Surface GoはSurface Proの弟分といえるモデルで、12.3インチのProに対して10インチとコンパクトになっています。コンパクトになったおかげで重量も522gと非常に軽くなりました。これだけ軽いとバッグに入れて持ち歩いても邪魔になることはなさそうです。

CPUは第7世代のPentium Gold Processor 4415Yを採用し、64GBモデルはメモリ4GB、128GBモデルはメモリ8GBという構成です。安価なタブレットPCによく搭載されているATOMはパワー不足に陥ったりしますが、その点Surface Goに搭載されているPentium Gold Processor 4415YはCore mシリーズには少し劣るものの普段使いには十分な速度を出してくれるので心配無用です。

ネットやオフィス書類を中心とした用途であればメモリ4GBの下位モデルでも十分使えそうです。

Suface GoのライバルはiPad Pro?

Suface Go対iPad Pro

Surface GoのライバルはなんといってもiPad Proでしょう。価格帯やスペックを見てもモロにiPad Proを意識しているのがわかります。

ただしSurface GoとiPad ProではOSが違うのでまったく別モノですね。iPad Proのような高性能なタブレットが欲しいけど仕事上WindowsOS搭載機じゃないとダメというような人には唯一無二の存在となりそうです。

Surface GoにはSurfaceペンを使ってイラストを描くこともできますし、タイプカバーをセットしてノートパソコンのように使うこともできます。

むしろノートパソコンとしての用途も考えればSurface Goがリードしているのは間違いありません。iPad ProはMacと共通のOSではなくモバイル用のiOSが搭載されているので完璧なノートパソコンにはなりませんからね。

これまでのWindowsタブレットというとAndroid機を意識した低価格・低スペックのモデルか、ハイスペックな10万円オーバーのモデルに二極化していたので、Surface Goは痒いところに手が届くちょうど良いスペックのWindowsタブレットと言えそうです。

Surface Goのちょっと気になるポイント

Surface Go

7万円以下でSurfaceブランドのタブレットPCが手に入るのはうれしいニュースなのですが、Surfaceらしいデメリットもあるといえばあります。

それはやはりタイプカバー(キーボード)やSurfaceペンが別売りだということ。

これもiPad ProをライバルとしているSurface Goだから当然ではあるのですが、せっかく本体が7万円以下で買えたとしてもアクセサリをフルで揃えると10万円に到達してしまいます。

そうなってくるとスペックが上のHUAWEI matebook Eあたりと競合してしまうので悩ましいですよね・・・。

ただ、そもそもSurfaceシリーズはコスパで選ぶパソコンではありません。

『Surfaceシリーズのコンパクトなタブレット』という価値を求めるユーザーが手にするコンピューターなのです。

ライバルはあくまでもiPad Pro!

それからもう一点。

下位の4GBモデルに搭載されているストレージはSSDではなくeMMCになっています。物理的な衝撃に強いという点ではSSDと同じですが、読み書きのスピードはSSDには及びません。とはいえHDDと比較すれば圧倒的に速いのですが、速度も妥協したくないという場合は128GBのSSDモデルを選択する必要があります。

まとめ

Surface GoはiPad Proに真正面から対抗できるwindowsタブレットPCです。

Surfaceペンを使ってタブレットらしい使い方ができるのはもちろん、タイプカバーを取り付ければ純粋にノートパソコンとして使用することも可能。

これはiPad Proにもリードする部分なので、完全なタブレットではなくノートパソコンとしても使えるマシンが欲しい!というユーザーにはベストバイな一品です。

おすすめ記事

PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン 1

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かって ...

ゲーミングノートPC人気ランキング 2

OMEN by HP 15 GeForce GTX1070にリフレッシュレート144Hzのディスプレイは圧巻!最高画質でゲームを楽しみたいなら迷わずコレ! おすすめポイント GeForce GTX10 ...

【2020年版】13~14インチでおすすめのモバイルノートパソコン 3

モバイル性能重視でノートパソコンを選ぶなら13~14インチがオススメです。 13~14インチのノートパソコンの標準的なサイズは横幅約30cm縦は約20cm程で、A4用紙とほぼ同じ大きさです。 重量も1 ...

SurfacePro7 4

Surface Pro 7はマイクロソフト純正の2in1タブレットPCです。 windows搭載の高性能タブレットとしても使えますし、キーボード(タイプカバー)を付けてノートパソコンとして使用すること ...

動画編集デビューにおすすめのクリエイターパソコン 5

動画編集が身近な存在になってYoutuberがどんどん増殖していますね。 Youtuberがスゴイなと思うのは、必ずしもプロ級じゃなくても良いというところです。 例えば歌の動画を見ていると、人気が高い ...

-2in1, 5~10万円, Microsoft
-

© 2020 ラップトップマガジン