動画編集デビューにおすすめのクリエイターパソコン

15~20万円 HP クリエイター ノートパソコン マウス(G-tune)

目指せYoutuber!動画編集デビューにおすすめのノートパソコン

動画編集が身近な存在になってYoutuberがどんどん増殖していますね。

Youtuberがスゴイなと思うのは、必ずしもプロ級じゃなくても良いというところです。

例えば歌の動画を見ていると、人気が高いのはプロ級のボーカリストによる歌唱指導のチャンネルだけではないことがわかります。

おもしろい替え歌で人気を集める人や、音痴をウリにしている人まで様々です。

つまり今は誰でも人気者になることができるし、それによって副収入を得るチャンスがあるということなのですね。

そこで必要になるのが『クリエイターパソコン』です。

動画の撮影は高性能なカメラを持つスマホ(iPhone等)があれば十分ですが、動画編集となるとスマホの小さな画面ではクオリティの高い動画に仕上げることができません。

さらにクオリティの高い動画を作成するには動作の重い専用ソフトを使用する必要があるので、編集作業を快適にするためにはマシンパワーも重要になります。

そこで今回は、来年から動画編集デビューしたい人向けにおすすめのノートパソコンを紹介したいと思います。

動画編集に必要なノートパソコンのスペック

動画編集というのはパソコン作業の中でもかなりスペックを必要とするものなので、絶対に抑えておきたいポイントというのがいくつかあります。

これを知らずにパソコンを購入してしまうと快適な編集作業ができないどころか、動画編集ソフトを動かすことすらできないということにもなり兼ねません。

なので動画編集デビューする前にしっかりとチェックしておいてください。

動画編集用パソコンの為のCPU、メモリ、ストレージ!

パソコンの基本スペックで最も重視するのはCPU、メモリ、ストレージの3点です。

すべて最高性能で揃えれば何も心配することはないのですが、それだと予算がいくらあっても足りませんね。

そこで今回は【Youtube動画を快適に編集することができる】という目線でオススメのスペックを紹介してみたいと思います。

項目 スペック
CPU インテル Core i7
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB以上

CPU、メモリ、ストレージは快適作業に最も影響を与える部分なので、この3つは妥協しない方が良いでしょう。

特にメモリは動作速度に直結するので要注意です。

CPUは最新であればCore i5でも問題ありませんが、Core i7を選んでおいた方が長く快適に編集作業をすることができます。

動画編集するならディスプレイは大きめの方が安心!

動画編集作業はすべてディスプレイ上で行うので、大きめのサイズの方が作業が捗ります。

具体的には15.6型のフルHD以上のサイズであれば快適な作業が可能です。

外部モニターを接続する前提であれば13.3型のコンパクトなノートパソコンを選ぶのもアリですね。

2Kや4Kに対応したディスプレイの方がいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、Youtubeに投稿する動画の編集であればフルHDで十分です。

あとは発色の良さや視野角の広さがポイントになります。

動画編集用パソコンにもグラボは必要?

結論から言うと『絶対必要!』です。

グラボがあるかどうかで作業の快適性がまったく違います。

とはいえゲーム用の超高性能グラボが必要というわけではありません。

動画編集や写真編集であればミドルレンジのグラボで十分な仕事をしてくれます。

動画編集用PCのチェックポイント

・CPUは最新のCore i7
・メモリは16GB
・ストレージは大容量のSSDを
・ディスプレイは15.6型のフルHD
・グラボはミドルレンジでOK

ラップトップマガジンおすすめBEST3

HP ENVY 15-ep

 

項目 スペック
OS Windows 10 Pro 64ビット
CPU インテル Core i7-10750H
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti with Max-Q design
メモリ 16GB
ストレージ SSD : 512GB
ディスプレイ 15.6型 フルHD IPS タッチ対応
おすすめ度

第10世代インテルCore iシリーズの上位モデルであるCore i7-10750Hを搭載し、メモリは16GB、ストレージは高速なSSD512GBと、Youtube動画編集に最適なスペックとなっています。

このスペックであればYoutube動画の編集も快適に行うことができますので、複数のソフトを稼働させたり編集しながら配信したりもノンストレスです。

HPはサポート体制も充実していて長い目で見ても間違いなくオススメできる一台です。

ちなみにYutube動画メインであれば一番安い「パフォーマンスモデル」で十分なスペックですが、4K動画を編集するなどもっと上のモデルを求める場合はGeForce RTX 2060を搭載した「パフォーマンスプラスモデル」や、さらに上にはCPUにCore i9-10885Hを搭載した「クリエイターモデル」を選択することも可能です!

関連記事HP ENVY15 クリエイター向けノートパソコンを徹底解剖

HP公式サイトへ

DAIV 5N-OLED

DAIV 5N-OLED

項目 スペック
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-10875H
グラフィックス GeForce RTX 2060
メモリ 16GB (最大64GB)
ストレージ SSD : 512GB NVMe対応
ディスプレイ 15.6型 4K-UHD 有機EL グレア液晶
オススメ度

こちらは第10世代のCore i7にグラボがGeForce RTX 2060、そしてディスプレイが4K有機ELディスプレイに強化されたモデルです。

より快適な編集環境を求めてマルチモニタやVRまで考えるならこちらのモデルを。

マウスコンピューター公式サイトへ

DAIV-4N

DAIV-NG4300H1-M2S5

項目 スペック
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-10510U
グラフィックス GeForce MX250
メモリ 16GB (最大)
ストレージ 256GB NVMe対応
ディスプレイ 14型 フルHDノングレア
オススメ度

こちらはよりモバイル性能を重視したモデルです。

CPUは省電力性能の高い第10世代インテルCore i7-10510U、その他にも低消費電力な高性能パーツを組み合わせることで約12時間を超える長時間駆動に対応しています。

出先での作業でも充電の状態に不安を感じず作業に集中することができます。

さらに狭額縁ナローベゼルと14型液晶の組み合わせで、従来モデルよりも20%も小型化されています。

厚さもわずか17.5mmなので、モバイル性能重視だけど広々としたディスプレイでの作業は妥協できないというユーザーには特にオススメです!

マウスコンピューター公式サイトへ

まとめ

今回は『目指せYoutuber!動画編集デビューにおすすめのノートパソコン』というテーマで3つのノートパソコンをご紹介させて頂きました。

10分の動画を作るのに1時間以上かかるのが当たり前といった動画編集の世界ですから、少しでも快適に動作するパソコンを選ぶというのは基本中の基本になります。

今回ご紹介させて頂いた3機種は動画編集クリエイターにも人気の高いモデルなので、予算や用途に合わせてチョイスしてみてくださいね!

おすすめ記事

PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン 1

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かって ...

ゲーミングノートPC人気ランキング 2

HP OMEN 15 GeForce RTX 2060にリフレッシュレート300Hzのディスプレイは圧巻!最高画質でゲームを楽しみたいなら迷わずコレ! おすすめポイント GeForce RTX 206 ...

【2020年版】13~14インチでおすすめのモバイルノートパソコン 3

モバイル性能重視でノートパソコンを選ぶなら13~14インチがオススメです。 13~14インチのノートパソコンの標準的なサイズは横幅約30cm縦は約20cm程で、A4用紙とほぼ同じ大きさです。 重量も1 ...

SurfacePro7 4

Surface Pro 7はマイクロソフト純正の2in1タブレットPCです。 windows搭載の高性能タブレットとしても使えますし、キーボード(タイプカバー)を付けてノートパソコンとして使用すること ...

動画編集デビューにおすすめのクリエイターパソコン 5

動画編集が身近な存在になってYoutuberがどんどん増殖していますね。 Youtuberがスゴイなと思うのは、必ずしもプロ級じゃなくても良いというところです。 例えば歌の動画を見ていると、人気が高い ...

-15~20万円, HP, クリエイター, ノートパソコン, マウス(G-tune)

© 2021 ラップトップマガジン