MateBook D

10~15万円 5~10万円 HUAWEI ノートパソコン

進化したHUAWEI MateBook D 2018を2017モデルと比較

手頃な価格とちょうど良いスペックで人気となっていたHUAWEIのMateBook Dに2018年モデルが投入されました。14インチクラスのコンパクトなボディに15.6型ディスプレイを搭載したMateBook Dは、モバイルにも据え置きにも使いやすいノートパソコンです。今回は2017年モデルからどこが進化したのかを解説してみたいと思います。

MateBook D 2018モデルは外観は同じでも中身がスペックアップ!

外観を見た感じ、MateBook Dの2017年モデルと2018年モデルはほとんど変わっていないように見えます。公式ページでスペックを確認してもサイズや重量が一致しているのがわかります。

2018年モデル 2017年モデル
サイズ 358mm × 239mm × 16.9mm 358mm × 239mm × 16.9mm
重量 1.9kg 1.9kg

外部コネクタの数やカメラ性能も同じなので、外観はほぼほぼ同じと考えても良さそうです。

つまりMateBook Dが進化したのは外見ではなく中身だということ。ではどこがどのように進化したのかをチェックしていきましょう。

第8世代CPU搭載により60%もパワーアップ!

MateBook D

2018年モデルには第8世代のCore i5-8250UまたはCore i7-8550Uが搭載されるようになりました。前モデルに搭載されていた第7世代のCore i7-7500Uは、Core i7ではあるものの2コア4スレッドのCPUでした。これが第8世代になってCore i5-8250Uでも4コア8スレッドのCPUに進化しているので、Core i5搭載モデルを選んだとしても前モデルよりも大幅にパワーアップされていることになります。

コア スレッド PassMark CINEBENCH R15シングルコア CINEBENCH R15マルチコア
第7世代 Core i7-7500U 2 4 5217 144 341
第8世代 Core i5-8250U 4 8 7601(+46%UP) 145(+0.7%UP) 543(+59%UP)
第8世代 Core i7-8550U 4 8 8277(+59%UP) 167(+16%UP) 548(+61%UP)

下位グレードとなるCore i5-8250Uですらすべての面でパワーアップされています。物理コア数が2倍になったことでマルチコアの数値が大幅に上がっているのがわかりますね。

7500Uの後継となる8550Uに至っては約60%もパワーアップしているので重量級の作業がより快適にできるようになりました。

グラフィックボードは940MXからMX150に進化

MateBook D

前モデルにはGeForce 940MXが搭載されていましたが2018年モデルにはGeForce MX150が搭載されるようになりました。

GeForce MX150 GeForce 940MX
アーキテクチャ Pascal Maxwell
GPUコア GP108 GM108
製造プロセス 14nm 28nm
CUDAコア 384 384
クロック 1469MHz 1083MHz
ブーストクロック 1532MHz 1189Mhz
メモリー規格 GDDR5 GDDR5
メモリー容量 2048MB 2048MB
メモリー帯域幅 48GB/sec 32GB/sec
インターフェイス PCIe ×4 Gen3 PCIe ×4 Gen3

具体的にどれくらいの性能なのかというとライトなものであれば3Dゲームでも十分楽しめるスペックという感じです。ドラクエX、FF14、PSO2、ドラゴンズドグマオンラインのベンチマークではフルHDの最高品質~高品質設定でも「快適」または「非常に快適」という結果が出ています。

ゲーム用のGPUというわけではないので重量級のゲームをプレイするには物足りませんが、ライトゲーマーなら十分使えるノートパソコンであることは間違いありません。

またグラフィックボードを搭載していることで動画の視聴はもちろんのこと写真や動画の編集にも力を発揮するでしょう。

ハイブリッド構成のストレージで超快適なノートパソコンに!

MateBook D

前モデルではストレージが1TBのHDDのみの構成でしたが、2018モデルのMateBook DはSSDとHDDを組み合わせたハイブリッド構成になりました。(※Core i5搭載モデルは1TB HDDのみの構成)

SSDとHDDではOSやアプリケーションの起動速度がまったく違うので快適に使うならSSDは絶対に欲しいところです。しかしSSDだけだと容量不足が心配な人も多いはず。そこで高速なSSDと大容量のHDDを組み合わせたハイブリッド構成がオススメなのです。

MateBook D 2018のスペック

2018 MateBook Dのスペック
CPU 第8世代インテル Core i7-8550U (1.8 GHz, 最大4.0 GHz)
第8世代インテル Core i5-8250U (1.6 GHz, 最大3.4 GHz)
メモリ DDR4 8 GB
ストレージ Core™ i7:128 GB SSD (SATA) + 1 TB HDD (SATA)
Core™ i5: 1 TB HDD (SATA)
OS Windows 10 Home 64ビット
ディスプレイ 15.6インチ フルHD 1920 x 1080
GPU NVIDIA® GeForce® MX150、 GDDR5 2 GB
Intel® UHD Graphics 620
サウンドシステム Dolby Atmos サウンド・システム
通信方式 802.11a/b/g/n/ac (2 x 2 MIMO)
Bluetooth® 4.1
外部コネクター USB3.0 Type-A x 2 (左側)
USB2.0 Type-A x 1 (右側)
HDMI
ヘッドフォンジャック
カメラ 約100万画素
バッテリー 43.3 Wh (約8.5時間* HUAWEI基準での測定、連続動画再生)

まとめ

2018MateBook Dは狭額縁ディスプレイとアルミボディを組み合わせスリム&コンパクトなノートパソコンですね。第8世代CPUに変わったおかげで快適さもかなりパワーアップしているので、ノートパソコンであれもこれもこなしたいというユーザーにもオススメです。

HUAWEIのMateBook D2018年モデルは楽天市場の公式オンラインストアで買うのがお得です。

楽天カードユーザーなら家電量販店やAmazonなどで購入するよりもポイント還元が大きいので忘れずにチェックしてみてください。

おすすめ記事

NEXTGEAR-NOTE i5340 1

今やゲーミングパソコンもデスクトップ型からノート型の時代!CPUやグラボの性能も上がり重量級のゲームでもノートパソコンでプレイできるようになりました。ゲーミングパソコンの市場では15万円未満の価格帯が ...

SurfaceLaptop 2

Surface Laptopがついに発表されました。MicrosoftのSurfaceシリーズといえばmacに対抗するイケてるPCの代表格です。SurfaceシリーズのノートパソコンとしてはすでにSu ...

PUBGが快適に遊べるゲーミングノートPC 3

日本でも人気爆発のオンラインゲーム『PUBG(PLAYER UNKNOWN‘S BATTLE GROUNDS)』は超美麗なグラフィックやアクションが特徴ですが、それ故にパソコンにもハイスペックが求めら ...

ASUS ZenBook Pro UX550VD 4

ASUSから発売されたZenBook Proが凄いんです。それは、ZenBook Proが「ハイスペック・イケてる外観・」を兼ね備えたノートパソコンだからです。大量の画像データや4K動画の編集、または ...

4K動画編集にオススメのノートパソコン 5

4K動画もスマホやビデオカメラで気軽に撮影できるようになりました。子供の成長記録や旅行・スポーツなどを4K動画で残しておけば綺麗な映像で鑑賞することができますね。しかしせっかく撮った4K動画も非力なパ ...

-10~15万円, 5~10万円, HUAWEI, ノートパソコン

Copyright© ラップトップマガジン , 2019 All Rights Reserved.