MateBook D

10~15万円 5~10万円 HUAWEI ノートパソコン

進化したHUAWEI MateBook D 2018を2017モデルと比較

手頃な価格とちょうど良いスペックで人気となっていたHUAWEIのMateBook Dに2018年モデルが投入されました。14インチクラスのコンパクトなボディに15.6型ディスプレイを搭載したMateBook Dは、モバイルにも据え置きにも使いやすいノートパソコンです。今回は2017年モデルからどこが進化したのかを解説してみたいと思います。

MateBook D 2018モデルは外観は同じでも中身がスペックアップ!

外観を見た感じ、MateBook Dの2017年モデルと2018年モデルはほとんど変わっていないように見えます。公式ページでスペックを確認してもサイズや重量が一致しているのがわかります。

2018年モデル2017年モデル
サイズ358mm × 239mm × 16.9mm358mm × 239mm × 16.9mm
重量1.9kg1.9kg

外部コネクタの数やカメラ性能も同じなので、外観はほぼほぼ同じと考えても良さそうです。

つまりMateBook Dが進化したのは外見ではなく中身だということ。ではどこがどのように進化したのかをチェックしていきましょう。

第8世代CPU搭載により60%もパワーアップ!

MateBook D

2018年モデルには第8世代のCore i5-8250UまたはCore i7-8550Uが搭載されるようになりました。前モデルに搭載されていた第7世代のCore i7-7500Uは、Core i7ではあるものの2コア4スレッドのCPUでした。これが第8世代になってCore i5-8250Uでも4コア8スレッドのCPUに進化しているので、Core i5搭載モデルを選んだとしても前モデルよりも大幅にパワーアップされていることになります。

コアスレッドPassMarkCINEBENCH R15シングルコアCINEBENCH R15マルチコア
第7世代 Core i7-7500U245217144341
第8世代 Core i5-8250U487601(+46%UP)145(+0.7%UP)543(+59%UP)
第8世代 Core i7-8550U488277(+59%UP)167(+16%UP)548(+61%UP)

下位グレードとなるCore i5-8250Uですらすべての面でパワーアップされています。物理コア数が2倍になったことでマルチコアの数値が大幅に上がっているのがわかりますね。

7500Uの後継となる8550Uに至っては約60%もパワーアップしているので重量級の作業がより快適にできるようになりました。

グラフィックボードは940MXからMX150に進化

MateBook D

前モデルにはGeForce 940MXが搭載されていましたが2018年モデルにはGeForce MX150が搭載されるようになりました。

GeForce MX150GeForce 940MX
アーキテクチャPascalMaxwell
GPUコアGP108GM108
製造プロセス14nm28nm
CUDAコア384384
クロック1469MHz1083MHz
ブーストクロック1532MHz1189Mhz
メモリー規格GDDR5GDDR5
メモリー容量2048MB2048MB
メモリー帯域幅48GB/sec32GB/sec
インターフェイスPCIe ×4 Gen3PCIe ×4 Gen3

具体的にどれくらいの性能なのかというとライトなものであれば3Dゲームでも十分楽しめるスペックという感じです。ドラクエX、FF14、PSO2、ドラゴンズドグマオンラインのベンチマークではフルHDの最高品質~高品質設定でも「快適」または「非常に快適」という結果が出ています。

ゲーム用のGPUというわけではないので重量級のゲームをプレイするには物足りませんが、ライトゲーマーなら十分使えるノートパソコンであることは間違いありません。

またグラフィックボードを搭載していることで動画の視聴はもちろんのこと写真や動画の編集にも力を発揮するでしょう。

ハイブリッド構成のストレージで超快適なノートパソコンに!

MateBook D

前モデルではストレージが1TBのHDDのみの構成でしたが、2018モデルのMateBook DはSSDとHDDを組み合わせたハイブリッド構成になりました。(※Core i5搭載モデルは1TB HDDのみの構成)

SSDとHDDではOSやアプリケーションの起動速度がまったく違うので快適に使うならSSDは絶対に欲しいところです。しかしSSDだけだと容量不足が心配な人も多いはず。そこで高速なSSDと大容量のHDDを組み合わせたハイブリッド構成がオススメなのです。

MateBook D 2018のスペック

2018 MateBook Dのスペック
CPU第8世代インテル Core i7-8550U (1.8 GHz, 最大4.0 GHz)
第8世代インテル Core i5-8250U (1.6 GHz, 最大3.4 GHz)
メモリDDR4 8 GB
ストレージCore™ i7:128 GB SSD (SATA) + 1 TB HDD (SATA)
Core™ i5: 1 TB HDD (SATA)
OSWindows 10 Home 64ビット
ディスプレイ15.6インチ フルHD 1920 x 1080
GPUNVIDIA® GeForce® MX150、 GDDR5 2 GB
Intel® UHD Graphics 620
サウンドシステムDolby Atmos サウンド・システム
通信方式802.11a/b/g/n/ac (2 x 2 MIMO)
Bluetooth® 4.1
外部コネクターUSB3.0 Type-A x 2 (左側)
USB2.0 Type-A x 1 (右側)
HDMI
ヘッドフォンジャック
カメラ約100万画素
バッテリー43.3 Wh (約8.5時間* HUAWEI基準での測定、連続動画再生)

まとめ

2018MateBook Dは狭額縁ディスプレイとアルミボディを組み合わせスリム&コンパクトなノートパソコンですね。第8世代CPUに変わったおかげで快適さもかなりパワーアップしているので、ノートパソコンであれもこれもこなしたいというユーザーにもオススメです。

HUAWEIのMateBook D2018年モデルは楽天市場の公式オンラインストアで買うのがお得です。

楽天カードユーザーなら家電量販店やAmazonなどで購入するよりもポイント還元が大きいので忘れずにチェックしてみてください。

おすすめ記事

PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン 1

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かって ...

ゲーミングノートPC人気ランキング 2

HP OMEN 16 GeForce RTX 3070に16.1型のディスプレイは圧巻!最高画質でゲームを楽しみたいなら迷わずコレ! おすすめポイント 当サイトでもダントツの人気を誇るOMENが新しく ...

【2020年版】13~14インチでおすすめのモバイルノートパソコン 3

モバイル性能重視でノートパソコンを選ぶなら13~14インチがオススメです。 13~14インチのノートパソコンの標準的なサイズは横幅約30cm縦は約20cm程で、A4用紙とほぼ同じ大きさです。 重量も1 ...

SurfacePro7 4

Surface Pro 7はマイクロソフト純正の2in1タブレットPCです。 windows搭載の高性能タブレットとしても使えますし、キーボード(タイプカバー)を付けてノートパソコンとして使用すること ...

動画編集デビューにおすすめのクリエイターパソコン 5

動画編集が身近な存在になってYoutuberがどんどん増殖していますね。 Youtuberがスゴイなと思うのは、必ずしもプロ級じゃなくても良いというところです。 例えば歌の動画を見ていると、人気が高い ...

-10~15万円, 5~10万円, HUAWEI, ノートパソコン

© 2021 ラップトップマガジン