PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン

10~15万円 15~20万円 20万円以上 HP Lenovo クリエイター ノートパソコン マウス(G-tune)

PhotoshopやIllustratorが快適に動くクリエイター向けノートパソコン

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かってしまいますし、たくさんの写真や画像を開こうものならパソコンがフリーズしてしまうかもしれません。そんな状態ではクリエイティブな仕事はできませんよね。そこで今回はPhotoshopやIllustratorを本気で使い倒すのにピッタリのノートパソコンをご紹介したいと思います。

クリエイターは要チェック!PhotoshopやIllustratorの推奨スペック

重い重いと言われるPhotoshopやIllustratorですが、実は必要スペックはそれほど高くありません。Pentium4にメモリ2GBなんていう化石のようなパソコンでも動作します。

しかし実際の作業ともなればたくさんの写真や画像を一度に開いて作業することになります。イラレだと画像をアウトライン化するという作業は欠かせません。こういった作業で一気にパソコンへの要求スペックがアップするのです。

そのため「PhotoshopやIllustratorをガシガシ使える」ということにフォーカスした場合は、下に記載したくらいのスペックを用意しておく必要があるのです。

  • シングルクロック性能が高いCPU
  • 16GB以上のメモリ
  • 外部GPUの搭載
  • 200GB以上のSSD
  • フルHD以上のディスプレイ

インテルの最新CPUはかなりパワーアップしています。ですのでCore i5以上のCPUであれば合格です。コア数が多いCPUが良いのか、それともシングルクロック性能の高いCPUを選べば良いのかという点については、「どちらかといえばシングル性能を気にしておこう」程度の認識でOKです。

メモリに関してはソフトを単体で使用する場合は8GBで問題ありませんが、PhotoshopとIllustratorを行き来しながら作業するというクリエイターが多いでしょう。複数のアプリを同時に使用するのであれば、メモリは多く積んでおくに越したことはありません。予算に余裕があれば32GBまで積んでおいても後悔することはないでしょう。

Photoshopを使う場合は外部GPU(グラフィックボード)もあった方が良いです。CPU内蔵のGPUでも問題なく動作はするのですが、グラフィックボードを搭載していればフィルタをかけるような作業で時間の短縮ができます。

最近は動画編集に携わるクリエイターが多いですが、動画編集をするならハイエンドGPU搭載モデルがおすすめです。書き出し時間に相当の差が出ますので、作業効率を大幅にアップさせることができるでしょう。

人気の高いNVIDIA製のGPUにはGeforce系とQuadro系がありますが、PhotoshopやLightroomメインならGeforce系を、イラストレーターメインならQuadro系を選ぶのがオススメです。

とはいえ現在はどちらのGPUにもしっかり対応しており、どちらかを選んで失敗するということはありませんのであまり神経質になる必要はないです。

ストレージについてはSSDで決まりです。容量は200GB以上あれば作業に問題はありません。大容量のストレージが欲しい場合はデュアル構成のものを選ぶか、外付けHDDなどで対応するのがオススメです。メインのストレージをHDDにしてしまうとファイルの読み書きでかなりの時間をロスすることになってしまうので注意しましょう。

ディスプレイは一般的な用途であればフルHDで十分です。4K解像度のディスプレイはクリエイターとしての作業に必要かどうかという視点で選べば良いかと思います。

これらを満たしたスペックのノートパソコンであればPhotoshopやIllustratorといったクリエイティブ系ソフトを快適に使うことができます。

PhotoshopやIllustratorを使い倒すクリエイター向けのノートPC

ラップトップマガジンでは、PhotoshopやIllustratorを快適に使いたいというクリエイターにピッタリのノートパソコンを3つに厳選しました。

【総合NO.1】HP ENVY 15-ep - The best Creator PC

HP ENVY 15-ep

HP ENVY 15-epはSurfaceやmacbookProを彷彿とさせるような洗練されたデザイン、第10世代CPUやNVIDIA GeForce RTX 2060 with Max-Q Designグラフィックスを搭載したパワフルなシステム、4KのIPSディスプレイを搭載した、まさにクリエイター向けに相応しいノートパソコンです。

CPUはインテル Core i7-10750H、メモリは32GB、ストレージに2TBのSSDを搭載したHP ENVY 15-epは、ADOBE PREMIERE PROやDAVINCI RESOLVEを駆使した動画編集、またはADOBE LIGHTROOMで大量のRAWファイルを現像するようなプロユースにも十分対応するまさにクリエイターモデルというに相応しいです。

このスペックであればPhotoshopやIllustratorは余裕で動作しますし、複数のアプリを行き来するような使い方でもスペックに不安はありません。PhotoshopやIllustratorって意外と単体で使うよりも他のソフトを合わせて使うことが多いんですよね。そういった時にはやはりマシンのパワーは十分にあった方がストレスなく作業に没頭することができます。

HPは公式サイトでのキャンペーン割引が非常に大きいので、タイミング次第ではこれだけのスペックでありながらかなりお得に購入することができるというのが見逃せないポイントです。

「クリエイターPCが欲しいけどどれを買えば良いかわからない!」

という場合は、まずHPの公式サイトで割引キャンペーンが実施されていないかチェックしてみましょう。

作業効率を重視するクリエイターには間違いなくオススメできるノートパソコンです。

ココがおすすめ

キャンペーンの内容を即チェックしてみましょう!

HP公式サイトへ

【カスタマイズOK】マウスコンピューター DAIV 5N

DAIV 5N

DAIV 5N

テレビCMでもおなじみのマウスコンピューターにはクリエイティブ専門のパソコンブランド『DAIV』があります。

その中からオススメしたいのが最新のGeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したDAIV 5Nです。

DAIV 5Nは第10世代のハイエンドCPU(Core i7-10870H)に最新GPUであるGeForce RTX 3060を搭載した、クリエイティブ作業にピッタリのハイエンドノートパソコンです。

標準構成の16GBメモリやSSD512GBも十分なスペックですが、マウスコンピューターならカスタマイズでさらにスペックを増し増しにすることも可能。

4K-UHDディスプレイを搭載したモデルもありますので、PhotoshopやIllustratorだけでなく動画編集などの高負荷な作業も安心して行えます。

また、4K出力に対応したHDMIとUSB Type-Cポートを搭載しているので、4K2画面の高解像度マルチディスプレイ環境も実現可能です。

自宅や作業場ではメインモニターを含めた三画面で効率よく作業し、出先には15.6型のノートPCとして持ち歩けるというのはかなり汎用性が高いのではないでしょうか?

DAIV 5Nはリモートワークやチームでの作業にもオススメのクリエイターノートパソコンです!

DAIV公式ページへ

【Quadro系】ThinkPad P15s Gen 2

ThinkPad P15s Gen 2

ThinkPad P15s Gen 2

LenovoのThinkPad P15s Gen 2は最新のCPUに加えてNVIDIA Quadro T500グラフィックスを搭載した、イラストレーターにオススメのノートパソコンです。

CPUには第11世代のCore i5-1135G7からCore i7-1185G7、メモリは最大48GB、ストレージは最大1TBのSSDまでカスタマイズ可能で、PhotoshopやIllustratorといったソフトをガシガシ使うクリエイターにも安心のスペックです。

また、グラフィックスにNVIDIA Quadro T500 (4GB GDDR6)を搭載しているので、主にIllustratorを使うクリエイターにはThinkPad P15s Gen 2が使いやすいはずです。

そして何より忘れてならないのはクーポンの存在です。

レノボは公式サイトでクーポンを配布していることが多く、タイミングが合えばお得に購入することが可能です。

この記事を執筆している時点ではなんと49,225円もの大幅割引クーポンが適用されています!

同じ予算でワンクラス上のスペックが狙える可能性がありますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

Lenovo公式ページへ

まとめ

クリエイターがよく使う業務用アプリは重量級のものが多いです。そういったソフトを快適に使えるかどうかはパソコンスペックがカギを握っているわけです。

今回紹介したノートパソコンはどれもクリエイター向けとして発売されているものなので、PhotoshopやIllustratorを使った写真加工・イラスト作成といった業務用途にぴったりです。

-10~15万円, 15~20万円, 20万円以上, HP, Lenovo, クリエイター, ノートパソコン, マウス(G-tune)

© 2021 ラップトップマガジン