PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン

DELL HP Mouse ノートパソコン

PhotoshopやIllustratorが快適に動くクリエイター向けノートパソコン

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かってしまいますし、たくさんの写真や画像を開こうものならパソコンがフリーズしてしまうかもしれません。そんな状態ではクリエイティブな仕事はできませんよね。そこで今回はPhotoshopやIllustratorを本気で使い倒すのにピッタリのノートパソコンをご紹介したいと思います。

クリエイターは要チェック!PhotoshopやIllustratorの推奨スペック

重い重いと言われるPhotoshopやIllustratorですが、実は必要スペックはそれほど高くありません。Pentium4にメモリ2GBなんていう化石のようなパソコンでも動作します。

しかし実際の作業ともなればたくさんの写真や画像を一度に開いて作業することになります。イラレだと画像をアウトライン化するという作業は欠かせません。こういった作業で一気にパソコンへの要求スペックがアップするのです。

そのため「PhotoshopやIllustratorをガシガシ使える」ということにフォーカスした場合は、下に記載したくらいのスペックを用意しておく必要があるのです。

  • シングルクロック性能が高いCPU
  • 16GB以上のメモリ
  • 外部GPUの搭載
  • 200GB以上のSSD
  • フルHD以上のディスプレイ

第8世代になってインテルのCPUはかなりパワーアップしました。ですので第8世代Core i5以上のCPUであれば合格です。コア数が多いCPUが良いのか、それともシングルクロック性能の高いCPUを選べば良いのかという点については、「どちらかといえばシングル性能を気にしておこう」程度の認識でOKです。

メモリに関してはソフトを単体で使用する場合は8GBで問題ありませんが、PhotoshopとIllustratorを行き来しながら作業するというクリエイターが多いでしょう。複数のアプリを同時に使用するのであれば、メモリは多く積んでおくに越したことはありません。予算に余裕があれば32GBまで積んでおいても後悔することはないでしょう。

Photoshopを使う場合は外部GPU(グラフィックボード)もあった方が良いです。CPU内蔵のGPUでも問題なく動作はするのですが、グラフィックボードを搭載していればフィルタをかけるような作業で時間の短縮ができます。

ただしハイエンドGPUは必要ありません。

内蔵GPUと外部GPUを比較すると多くの場面でかなりの効果が体感できますが、外部GPUであればミドルクラスでもハイエンドでもほとんど変わりはなくなります。なので普及価格帯のミドルクラスのグラフィックボードを搭載しているパソコンを選択するのが正解です。

3DやCADといった専門的な作業を必要とする場合にはGeForce系ではなくQuadro系のGPUを搭載したノートパソコンも視野に入れると良いでしょう。

ストレージについてはSSDで決まりです。容量は200GB以上あれば作業に問題はないでしょう。大容量のストレージが欲しい場合はデュアル構成のものを選ぶか、外付けHDDなどで対応するのがオススメです。メインのストレージをHDDにしてしまうとファイルの読み書きでかなりの時間をロスすることになってしまうので注意しましょう。

ディスプレイはフルHDで十分ではないでしょうか。最近は4K解像度のディスプレイも増えてはきましたが、そこはクリエイターとしての作業に必要かどうかという視点で選べば良いかと思います。

これらを満たしたスペックのノートパソコンであればPhotoshopやIllustratorといったクリエイティブ系ソフトを快適に使うことができます。

PhotoshopやIllustratorを使い倒すクリエイター向けのノートPC

HP EliteBook 1050 G

HP EliteBook 1050 G1

HPのEliteBook 1050 Gはオシャレなデザイン、第8世代CPUやGeForceGTX1050を搭載したパワフルなシステム、ショートカットが使いやすい英語配列のキーボードなど、まさにクリエイター向けに相応しいノートパソコンです。

CPUはCore i5-8300HとCore i7-8850Hから、メモリは8GBから32GBまで、ストレージは256GBから2TBの大容量まで選べる選択肢の多さが魅力。

また法人向けパソコンのラインナップなのでセキュリティ関係が超充実しているのもポイント。ウィルスに感染したwebサイトにアクセスしてしまっても他のタブやアプリ、OSに影響を及ぼさないHP Sure Clickという機能や、インカメラを物理的に隠すスライドカバーなどうれしい機能が満載です。

ココがおすすめ

法人向けとなっていますが一般の個人ユーザーでもwebサイトから購入可能です。

※法人向けとなっていますが一般の個人ユーザーでもwebサイトから購入可能です。

HP公式サイトへ

マウスコンピューター DAIV-NG7510

DAIV-NG7510

大画面のノートパソコンが希望ならマウスコンピューターのクリエイター向けパソコンブランド「DAIV」がオススメです。

DAIV-NG7510は17インチの4K-UHDディスプレイを搭載していて広大な作業領域が魅力。PhotoshopとIllustratorを行き来しながら作業する場合や、大きな素材を扱う際に威力を発揮します。

GPUにはワンランク上のGeForce GTX1070を搭載しているので、PhotoshopやIllustratorだけでなくよりパワーの求められるRAW現像やCG制作まで余裕でカバーできるスペックです。

動画編集作業を中心に行うYouTuberにもオススメのノートパソコンではないでしょうか。

DAIV公式ページへ

DELL Precision 5530

New Precision 15 5000 シリーズ (5530)

DELL Precision 5530はGPUにQuadro P1000を搭載した、”よりプロ向け”のクリエイターノートパソコンです。

Quadroは業務用に特化したGPUで特にCADや3Dの開発ではGeForceを上回る速度を発揮します。PhotoshopやIllustratorといったソフトであればどちらを使っても体感できる差はありませんが、もしもCADや3Dといった専門的な作業をするのであればQuadroを搭載したノートパソコンがオススメです。

DELLのパソコンはカスタマイズの幅が広いのが特徴で、 Precision 5530で言えばCPUはCore i5からCore i9まで選べますしメモリやGPUなども細かく変更できるので自分好みの一台に仕上げることができます。

DELL Precision 5530 DELL公式ページへ

まとめ

クリエイターがよく使う業務用アプリは重量級のものが多いです。そういったソフトを快適に使えるかどうかはパソコンスペックがカギを握っているわけです。

今回紹介したノートパソコンはどれもクリエイター向けとして発売されているものなので、画像加工・動画編集・3DやCADといった業務用途にぴったりです。

おすすめ記事

NEXTGEAR-NOTE i5340 1

今やゲーミングパソコンもデスクトップ型からノート型の時代!CPUやグラボの性能も上がり重量級のゲームでもノートパソコンでプレイできるようになりました。ゲーミングパソコンの市場では15万円未満の価格帯が ...

SurfaceLaptop 2

Surface Laptopがついに発表されました。MicrosoftのSurfaceシリーズといえばmacに対抗するイケてるPCの代表格です。SurfaceシリーズのノートパソコンとしてはすでにSu ...

PUBGが快適に遊べるゲーミングノートPC 3

日本でも人気爆発のオンラインゲーム『PUBG(PLAYER UNKNOWN‘S BATTLE GROUNDS)』は超美麗なグラフィックやアクションが特徴ですが、それ故にパソコンにもハイスペックが求めら ...

ASUS ZenBook Pro UX550VD 4

ASUSから発売されたZenBook Proが凄いんです。それは、ZenBook Proが「ハイスペック・イケてる外観・」を兼ね備えたノートパソコンだからです。大量の画像データや4K動画の編集、または ...

4K動画編集にオススメのノートパソコン 5

4K動画もスマホやビデオカメラで気軽に撮影できるようになりました。子供の成長記録や旅行・スポーツなどを4K動画で残しておけば綺麗な映像で鑑賞することができますね。しかしせっかく撮った4K動画も非力なパ ...

-DELL, HP, Mouse, ノートパソコン

Copyright© ラップトップマガジン , 2019 All Rights Reserved.