日本HP ENVY 13

10~15万円 5~10万円 HP ノートパソコン

HP ENVY 13はリフトアップ・ヒンジが秀逸かつ高コスパなノートパソコン

今回ご紹介したいのは日本HPの「HP ENVY 13」というノートパソコンです。最近の日本HPのノートパソコンは外観もかなり洗練されていますし、スペックに対して価格が安いというのも大きな特徴となっています。この「HP ENVY 13」もオシャレ・ハイスペック・低価格の3点を見事にクリアしたノートパソコンになっています。

HP ENVY 13の外観はどう?

まずはHP ENVY 13の外観から見ていきましょう。

HP ENVY 13 正面

HP ENVY 13にも13型ノートパソコンの主流となりつつある極細ベゼルが採用されています。ベゼルを細くすることで液晶サイズを保ったままボディサイズを小さくすることができるので、今後のモバイルノートパソコンでは常識になっていくでしょうね。

極細ベゼルのノートパソコンではカメラ位置が上になっている場合と下になっている場合がありますが、HP ENVY 13はモニター上部にカメラが搭載されています。

ディスプレイは13.3インチワイドのIPS型液晶となっており視野角の広さも十分確保されています。

HP ENVY 13 IPS

HP ENVY 13はリフトアップ・ヒンジが秀逸!

HP ENVY 13で「細かいところに気が利くなぁ~!」と唸ってしまったのがリフトアップ・ヒンジです。

HP ENVY 13 リフトアップ・ヒンジ

このようにディスプレイを起こした時にキーボードの下側に入るようになっています。こうすることでキーボードに角度が付いてタイピングしやすくなるということと、底面が浮くことになるので冷却効果も期待できます。

ノートパソコン使いなら社外品のスタンドを使ってタイピングしやすい角度に調整したり冷却効果を狙ったりしたことがあると思いますが、HP ENVY 13は標準でその機能が搭載されているということになります。

このエッジのあるデザインと相まってカッコイイですね!

HP ENVY 13のデザインを横面と裏面から

ノートパソコンは閉じた状態や横からのアングルも重要ですよね。

HP ENVY 13

まずは横からのアングル。先ほど説明したリフトアップ・ヒンジの効果がよくわかると思います。閉じた状態での厚みも14mm~16mmとなっていてシャープな印象ですね。

HP ENVY 13 裏

天板にはHPのロゴ、そしてヒンジがある部分にはENVYのロゴが入っています。どちらもシンプルながら存在感があります。

最近のオシャレノートパソコンはMacBookに寄せたデザインのものが多いわけですが、このHP ENVY 13は寄せつつもオリジナリティのあるデザインになっているのではないでしょうか。

日本HP ENVY 13のスペック

ENVY 13のスペックは以下のとおりです。

ベーシックモデル スタンダードモデル
OS Windows10Home/Pro(64bit)
CPU Core i3-7100U Core i5-7200U
メモリ 4GB 8GB
ストレージ 256GB 512GB
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSディスプレイ(1920*1080)
内蔵無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
カメラ 92万画素
カードスロット microSDカードスロット
インターフェイス USB Type-C™ 3.1 Gen1 ×2 (電源オフUSBチャージ機能対応)
USB3.1 Gen1 ×2 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
サイズ 305mm × 215mm × 14.0mm ~ 16.0mm
重量 約1.24kg
バッテリー駆動時間 約14時間
直販価格 直販サイトで価格をチェック
icon
直販サイトで価格をチェック
icon

ベーシックモデルとスタンダードモデルの違いはCPUとメモリとストレージです。ベーシックモデルがCore i3にメモリ4GBにSSD256GB、スタンダードモデルがCorei5にメモリ8GBにSSD512GBとなっています。

動画閲覧やオフィスソフトの操作程度であればベーシックモデルで十分ですしSSD256GBというのはこの価格帯のノートパソコンとしてはかなり余裕がありますね。

もう少し多くのソフトやアプリを使用したいとか、大量のタブを開いたブラウザも快適に使いたいという場合にはCPUとメモリがワンランクアップしたスタンダードモデルを選ぶと良いでしょう。

ベーシックモデルとスタンダードモデルは直販価格で約3万円差となっていますが、CPU・メモリ・ストレージがすべてアップグレードされると考えるとお得なレベルです。

またHP ENVY 13はオンボードメモリとなっているため、後々メモリの増設ができないという点には注意が必要です。将来的にメモリが足りなくなるかもと心配なら、迷わずスタンダードモデルを選択しておきましょう。

HP ENVY 13を賢く買うには?

まずは日本HPの直販サイトでキャンペーンチェックです!

数量限定!お得なキャンペーンモデルを特別価格で提供!

購入を検討するタイミング次第では直販サイトがお得ということも少なくありません。

そして同時に大手ネット通販サイトでの価格調査もしてみましょう。

日本HPは楽天市場内にダイレクトショップを展開していますので、セール・クーポン・楽天ポイント利用などで超コスパで購入することができるかもしれませんよ!

 

おすすめ記事

PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン 1

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かって ...

ゲーミングノートPC人気ランキング 2

OMEN by HP 15 GeForce GTX1070にリフレッシュレート144Hzのディスプレイは圧巻!最高画質でゲームを楽しみたいなら迷わずコレ! おすすめポイント GeForce GTX10 ...

【2020年版】13~14インチでおすすめのモバイルノートパソコン 3

モバイル性能重視でノートパソコンを選ぶなら13~14インチがオススメです。 13~14インチのノートパソコンの標準的なサイズは横幅約30cm縦は約20cm程で、A4用紙とほぼ同じ大きさです。 重量も1 ...

SurfacePro7 4

Surface Pro 7はマイクロソフト純正の2in1タブレットPCです。 windows搭載の高性能タブレットとしても使えますし、キーボード(タイプカバー)を付けてノートパソコンとして使用すること ...

動画編集デビューにおすすめのクリエイターパソコン 5

動画編集が身近な存在になってYoutuberがどんどん増殖していますね。 Youtuberがスゴイなと思うのは、必ずしもプロ級じゃなくても良いというところです。 例えば歌の動画を見ていると、人気が高い ...

-10~15万円, 5~10万円, HP, ノートパソコン
-

© 2020 ラップトップマガジン