PC関連用品

FX専用VPSはノートパソコントレーダーに特にオススメです

資産運用のひとつとしてFXを利用した自動売買が人気です。

MetaTrader4(以下、MT4)という無料のチャートソフトを使えば、ノートパソコンひとつで誰でも24時間運用し続けられる自動売買環境を構築することができます。

ただひとつだけ問題があります。

それはパソコンの電源を24時間365日つけっぱなしにしておかなければならないということです。

パソコンの電源を落としてしまうとチャートソフトのMT4が停止してしまうので、自動売買が続けられなくなってしまいます。

「じゃあ電源をつけっぱなしにしておけば良いだけでは!?」

そう思うかもしれませんが、パソコンを24時間つけっぱなしにしておくのって意外と大変です。

深夜は排気音やHDDの回転音も気になりますし、24時間電源がついているので電気代も気になるところです。

ましてやノートパソコンの機動力が台無しになってしまいますね。

そこで便利なのが『VPS』です。

VPSを使えばパソコンの電源を切ってしまっても24時間365日自動売買による投資を続けることが可能になります。

今回はそんなVPSについて解説したいと思います。

FX専用VPSとは?

VPSというのは「仮想専用サーバー」のことです。

FX専用のレンタルサーバーを借りてそのサーバー上でMT4を稼働させることにより、24時間停止させることなく自動売買が可能になるというワケです。

レンタルサーバーというと「共用サーバー」をイメージするかもしれません。

共用サーバーはひとつのサーバーの中に複数のユーザーが混在するので、時として他のユーザーの影響を受けてサーバーの動作が重くなったり障害が発生してしまうことがあります。

しかし「仮想専用サーバー」では、ひとつの物理的なサーバーの中に複数の仮想サーバーが構築されています。

それぞれの仮想サーバーは独立して稼働することになる為、基本的には他のユーザーの影響を受けません。

つまりレンタルサーバーの低価格と身軽さに専用サーバーの快適さを組み合わせたのが「仮想専用サーバー」と言えるかもしれませんね。

VPSなら『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』

FX専用のVPSサービスの中でも投資家に人気なのが「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」です。

お名前.comデスクトップクラウド for MT4はGMOインターネットグループが展開しているVPSサービスです。

GMOといえばドメインのお名前ドットコムやレンタルサーバーのロリポップ、そしてインターネット金融事業のGMOクリック証券をグループ内に持つ大企業です。

ネットと金融の両方でトップを走る企業によるVPSサービスなので安心感が違いますね。

スペック

1.5GB 2GB 4GB 8GB
初期費用 無料
月額料金 1,230円※ 1,630円※ 3,600円~ 5,500円~
メモリ 1.5GB 2GB 4GB 8GB
SSD容量 60GB 120GB 150GB 200GB
vCPU 2コア 3コア 4コア 8コア
MT4推奨個数 2個 3個 4個 8個
OS Windows Server 2019
転送量 無制限
回線速度 10Gbps共用

※現在実施中のキャンペーン価格

お名前.com デスクトップクラウド for MT4では1.5GBプラン~8GBプランまでの4種類のプランから洗濯することが可能です。

どのプランを選ぶかは稼働させたいMT4やEAの数で決めましょう。

1つのMT4に1つのEAだけを稼働させたいのであれば一番低価格な1.5GBのプランでも十分快適です。

複数のMT4やEAを稼働させたい場合は余裕のあるプランにしておくと安心かもしれませんね。

どのプランでもSSD搭載になっているので読み書き共に非常に早いですし、他社のVPSと比較してもMT4の動作速度(ping)も速いのでVPSだからといって動作速度に不安を感じることはないでしょう。

月額料金を少しでも安くするために!

レンタルサーバーを借りたことがある人ならお分かりかと思いますが、VPSも長期契約した方がお得になります。

例えば1ヶ月契約だと1.5GBプランで月額1,950円ですが、36か月契約だと月額換算1,560円になります。

3年間利用した場合のトータルだと1か月契約の70,200円に対して36か月契約56,160円と、3年で14,040円もの差額になってしまいます。

自動売買は長期で取り組む投資家が多いはずなので、コストダウンのためにも最初から長期契約をしておくことがオススメです。

しかも現在は1.5GBプランと2GBプランが大幅割引キャンペーン中です。

キャンペーン期間中に申し込みをすると、1.5GBプランはなんと月額1,230円、2GBプランは月額1,630円で仮想専用サーバーをレンタルすることができます。

ただしキャンペーン価格が適用されるのは初回の1回だけです。

つまりキャンペーン期間中に1ヶ月契約をすると、お得な月額料金が適用されるのが最初の1ヶ月だけとなり、2か月目以降が通常価格での更新となってしまいます。

逆に36か月契約をすれば次回更新となる37か月目以降までキャンペーン価格で仮想専用サーバーを利用することができるのです。

1か月だけキャンペーン価格適用+35か月通常価格の場合・・・69,480円

36か月キャンペーン価格適用の場合・・・44,280円

3年間の差額・・・25,200円

せっかくのキャンペーンなのでできるだけ長期で契約をして節約したいですね。

24時間電話サポートがあるので初心者は特にオススメ!

大切なお金を運用するためのVPSですから、もしものトラブルには迅速な対応が求められます。

自分だけで回避できないトラブルがいつ起こるかはわからないので、24時間いつでもサポートが受けられるというのは非常に助かります。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4は24時間365日、メールまたは電話でのサポートを受け付けています。

他社だとメールのみの対応だったり、電話対応があっても平日9時~17時といった時間帯だけだったりします。

自動売買で投資をしようとするユーザーの中には平日昼間は会社員をしているという人も多いですから、夜間サポートの有無は非常に大きなポイントですよね。

自動売買初心者、VPS初心者は迷わず「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」を選びましょう!

MT4がプリインストールされている!

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」は提携済みのFX会社のMT4がすでにインストールされています。

なのでVPSを契約したら面倒な作業なしにすぐ自動売買を開始することができるのです。

ちなみに記事執筆時点でプリインストールされているMT4は下記の通りです。

  • 楽天証券
  • 外貨ファイネスト
  • Forex.com
  • OANDA
  • FOREX EXCHANGE
  • DUKASCOPY
  • EZインベスト証券
  • MT4公式

もちろん、これ以外のFX会社を使いたいという場合は自分でインストールすれば使用可能です。

詳細は公式サイトで!



まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「FX専用VPSはノートパソコントレーダーに特にオススメです」というテーマで記事を書かせて頂きました。

自動売買は24時間稼働が前提になります。

パソコンの電源をつけっぱなしにするのは騒音や電気代の面でオススメできませんので、VPSを上手く利用して資産運用にチャレンジしたいですね。

おすすめ記事

PhotoshopやIllustratorが快適!クリエイター向けノートパソコン 1

PhotoshopやIllustratorを使って画像の編集をするクリエイターにとってパソコンの処理能力は非常に重要です。そもそもアプリ自体が重量級なので非力なパソコンだと起動するだけで時間が掛かって ...

ゲーミングノートPC人気ランキング 2

OMEN by HP 15 GeForce GTX1070にリフレッシュレート144Hzのディスプレイは圧巻!最高画質でゲームを楽しみたいなら迷わずコレ! おすすめポイント GeForce GTX10 ...

【2020年版】13~14インチでおすすめのモバイルノートパソコン 3

モバイル性能重視でノートパソコンを選ぶなら13~14インチがオススメです。 13~14インチのノートパソコンの標準的なサイズは横幅約30cm縦は約20cm程で、A4用紙とほぼ同じ大きさです。 重量も1 ...

SurfacePro7 4

Surface Pro 7はマイクロソフト純正の2in1タブレットPCです。 windows搭載の高性能タブレットとしても使えますし、キーボード(タイプカバー)を付けてノートパソコンとして使用すること ...

動画編集デビューにおすすめのクリエイターパソコン 5

動画編集が身近な存在になってYoutuberがどんどん増殖していますね。 Youtuberがスゴイなと思うのは、必ずしもプロ級じゃなくても良いというところです。 例えば歌の動画を見ていると、人気が高い ...

-PC関連用品

© 2020 ラップトップマガジン